Yamakohの備忘録

カメラ・ロードバイク・ガジェット・暮らしのコトなど

【MERIDA Reacto4000】2021年モデルの購入予約をしてきた話

f:id:Yamakoh:20200909015559j:plain
はい、タイトルの通りです。2016年に「MERIDA  Reacto400」を買って乗り続けて5年と少し。いつのまにか社会人になり、Reacto400を買った大学生時代とは”財力”が比べ物にならない様(幸せな事だけどね)な状況で、MERIDA Reacto4000(2021)をワイズロードで予約してきました。発表から予約に至るまでに感じた事・入手した情報等、ガチ購入を検討している人、情報を漁っている人などに有益な情報を簡単に記します。

購入に至った1番の理由

マクラーレンカラーだから

f:id:Yamakoh:20200824231512p:plain

出典:McLaren公式Twitter

いわゆる、”見た目に一目惚れ”という事です。

私は大のF1ファンであり、モータースポーツオタクなのです。(その辺もいずれ記事にしたい)昨年末、新城選手が所属するバーレーンメリダが”バーレーンマクラーレン”へとチーム名が変更し、F1の名門マクラーレンとタッグを組むというニュースを見た瞬間、「これはマクラーレンカラーのバイクが出るぞ」と思ったのであります。

www.cyclowired.jp

f:id:Yamakoh:20200824232812p:plain

バーレーン・マクラーレンカラーを纏ったSCULTURA (c)ミヤタサイクル

見慣れたメリダのSCULTURAにマクラーレンのシンボルカラーであるオレンジ(正確にはパパイヤオレンジ)がペイントされたバイク。こんなものが「レースで使用します~」なんて発表されたら、絶対に一般向け(MERIDAの2021年モデルとして)発売される妄想は誰にでもできるはず(?)です。

既にこの時から、「”バーレーンマクラーレン”カラーのリアクトが出たら買う!」と心に決めていたのでした。

正式アナウンス

8月17日にメリダの2021年モデルがお披露目されました。それ以前に海外のサイトやTwitterなどで頻繁に情報を収集していたので、大きな喜びはなかったものの国内でも正式リリースされてホッとしました。SCULTURA・REACTOに加え、SCULTURA ENDURANCEなる新モデルも仲間入りしましたね。

でも自分の心は"Reactoのバーレーンマクラーレンカラー"一色でした。

cyclist.sanspo.com

f:id:Yamakoh:20200826002706j:plain

出典:merida-bikes.com


勿論、購入するのはReacto4000ですよ。完成車で125万円するらしいTeam-Eのリアクトではなくね。

海外仕様と異なる点

コンポーネント

事前に入手していた情報だと、「Reacto5000でコンポはアルテグラ」という構成でした。うむ、良いではないか。そう思っていたのですが、正式にアナウンスされてから即予約したいとネットの海で待機していると、早速ワイズロードから購入予約開始の案内が!!

リンク先をクリックすると、あれ・・・君、なんか写真と違わない??

f:id:Yamakoh:20200826005554j:plain

⇧ワイズロードでReacto4000を見てみる⇧

いてもたってもいられず、引用RTしたところ、ご丁寧にワイズロードさんからリプライが。

なるほど。国内版は「Reacto4000で105のミックス」という構成でした。お値段は税別299,000円。

STI:47/50/52→ST-R7025, 54/56→ST-R7020

クランク:FSA Gossamer 52-36T BB:FSA ROAD BB86

クランクはFSAのいつものやつですね・・・

小さい寄りのサイズのSTIはR7025(ショートリーチ版の105)を搭載との事で、手が小さい私には嬉しい情報でした。

f:id:Yamakoh:20200827200729j:plain

出典:www.cyclowired.jp

コンポはアレでも、フレームは新第4世代リアクトで、ジオメトリも最上位のTeam-Eモデルと同じです。フォークはCF5、フレームはCF3カーボンとなっています。

サイズ

ワイズロードの”バイオレーサー”で計測してもらい、サイズ的には47と50のちょうど真ん中でした。店員の方ともかなり話し合いましたが、47をチョイスしました。

教えて頂いたクランクとハンドル、ステムのサイズも記載しておきます↓

クランク長:47/50→170mm, 52/54→172.5mm, 56→175mm

ハンドル幅:47/50→400mm, 52/54→420mm, 56→440mm

ステム:47/50→90mm, 52/54/56→100mm

クランクだけ変えました

発表される前は「40万でおつりが来ればいいかなぁ」くらいに考えていたので、海外仕様から若干のスペックダウンを受け、価格も思っていたよりかは安かった国内版。予算が余ったので、クランクだけ変えました。(BBとか面倒くさいじゃん??

クランクをFSA Gossamer 52-36Tからシマノ FC-R8000 52-36T

BBをFSA ROAD BB86からシマノ SM-BB71-41A(アルテグラ6700シリーズのBB)

これだけでクランクは751gm⇒681gm BBは90gm⇒71gm と、合わせて約90gmの軽量化です。やったー(小並感

予約状況

メリダの2021年モデルの中では非常に人気が出そうなバーレーンマクラーレンカラーですが、実際はどうなのか。私が予約したワイズロード新宿店の方に聞いたところ、例年のリアクトやスクルトゥーラと比べるとかなり予約ペースは良いそうです。

ちなみに、47サイズ56サイズは入荷量が少ないとの事です。

予約が始まって即注文したので初回入荷分で納車される事になりました。納車時期は10月上旬との事・・・まぁ時間かかるよね。

次にReacto4000 2021年モデルの記事を書くのは、納車後かと思いますが。何か情報があれば書き加えます。迷っている方、”ご決断はお早めに”

MERIDA Reacto4000

⇧ワイズロードで見てみる⇧

www.yamakoh-note.com